株式投資とデイトレード

 

提携広告

株は会社の一部です。会社は資金調達のために株券を発行し、投資家が株を買うことで生まれた資金を基に事業を拡大・展開します。株券を購入して株主となることは、その会社のオーナーの一員になるということです(広告リンク有)。株主がある会社の株を多く持てば持つ程、その会社に対する株主の権利も大きくなります。

 

会社は株主から調達した資金を株主に返す必要はありません。その為、株主が利益を得るためには(広告リンク有)、買った株をより高い値で他の株主に売る必要があります。
 

株主を利益を得るには、いくつかの方法があります。株券を購入した後にその会社が大きく成長すれば、株価が上昇し、その会社の株を購入したい人も増えます。そのタイミングで株式を売却すれば、株価が上昇した分だけあなたに利益が入ることを「キャピタルゲイン」と呼びます。また、会社が順調であれば株式を売却しなくても、会社から支払われる所有する配当金によって利益を上げることが可能です。

提携広告

近年では、デイトレードという取引方法がポピュラーとなっています。デイトレードとは、購入した銘柄をその日のうちにすべて売却したり、売却後その日中に買い戻し返済することによって、翌日にポジションを持ち越さない取引方法です。翌日に持ち越さないため、取引時間終了後に発生した災害やニュースの影響を受けないところがメリットです。
 

もちろんデメリットもあります。売買を繰り返すため、売買手数料がかさみます。また、取引時間中は細かな値動きをモニターしなければいけないので、パソコンの前から離れることができません。普通のサラリーマンには、難しい取引方法でしょう。

 

提携広告

 

 

Rate this article: 
No votes yet